東京・日本橋浜町の人気パン店「ブーランジェリー・ジャンゴ」に行ってみた!タルタルソースを使った調理パンが秀逸

前々から気になっていた日本橋浜町のパン店「ブーランジェリー・ジャンゴ」

オシャレな店構えに怖じ気づいて、これまで行けずじまいでした。

ですが!やはり気になる。

一念発起して、週末にお店に足を運んでみると、行列ができていました。

やっぱり人気店。

今回は、初めて行って感動した「ブーランジェリー・ジャンゴ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オシャレな外観、お店の外には行列

週末のお昼前、お店を訪れると、まさかの行列が!

コロナの影響で、入店を2組に制限しているため、お店の外には5組ほどお客さんが並んでいました

待つこと5分。

入店すると、パンの焼き上がるいい香り。

調理パンは奥の冷蔵コーナーに、そのほかのパンはジュエリーのようにガラスケースに並んでいます

私がまず目を奪われたのが、調理パンです。

ひねりの利いた商品が盛りだくさん。

どれにするか、悩みに悩んで、白身フライサンド(480円)に決めました。

そのほか、食パンも購入

ちなみに、クレジットカード、電子マネーも使えました!

お店はパン屋さんらしからぬ、オシャレな店構えです。

Hanakoの記事によると、シェフの川本宗一郎さんは、デザイン事務所勤務という異色の経歴を持っているとか。

デザイン会社勤務からパン職人へ。日本橋浜町〈Boulangerie Django〉に並ぶ、アートのようなパンたち。
パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まちをつなげるパン屋さん」を掲載。今回は、東京都中央区にある〈Boulangerie Django〉をご紹介します。舌が記憶したパンの正解を追い求めた味がヒット。...

納得です。

さっそく実食 そして感激

まずは一番気になっていた「白身フライサンド」から食べてみました。

おいしい!

タルタルソースに、ディルが入っているところも私好みでした。

次回も買いたい!そう思わせる味でした。

続いて、食パンです。

こちらも、できたてのふわふわ感がたまりません。

ちなみに私が今回購入したのは「浜町食パン」、一斤370円でした。

お店の基本情報

住所:東京都中央区日本橋浜町3丁目19−4

営業時間:午前8:30から午後6時。
定休日は、水曜日・木曜日。

コメント