東京日本橋に大人向けスタートアップワークスペースが誕生!オシャレカフェも併設

東京・日本橋に、大人起業家をターゲットにしたワークスペースが誕生しました!

その名も「startup workspace THE E.A.S.T. 日本橋富沢町」

築50年のビルをリノベーションして完成した7階建てオフィスです。

1階にはオシャレなカフェも併設されており、一般の人も利用可
日本橋という土地柄、落ち着いた心地良さを感じます。

今回、こちらのカフェとワークスペースについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大人起業家がターゲットのワークスペース

このワークスペースを手がけるのは三井不動産

日本橋を中心とした東京の東側を、スタートアップの拠点にしていこうという取り組みの一環です。

その第1弾として、「THE E.A.S.T. 日本橋富沢町」が誕生しました。

今後、このエリアにこういった拠点をいくつか展開していく予定だそう。

日本橋富沢町のワークスペースには、1名での利用のコワーキング、2~6人のチーム向けの固定席契約、4~30人の企業向けの個室といった3つのプランがあります。

施設設備としては、貸し会議室、Wi-Fi、郵便Box、登記登録、専用複合機など必要十分なものが揃っています。

入居には審査が必要となります。

THE E.A.S.T. | 大人起業家のためのスタートアップワークスペース
三井不動産31VENTURESが運営するスタートアップ向けオフィス「THE E.A.S.T.」。熱い想いと戦略を持つ「大人起業家」のための空間を、東京イーストサイドに展開していきます。

1階におしゃれカフェ

1階には、契約者以外も利用できるカフェ「Byron Bay Coffee」があります。

一般客が利用できるスペースにはテーブル席が6つ。その奥に、カラスドアを隔ててコワーキングのスペースがあります。

私が訪れた平日の午前10時ごろは、このコワーキングスペースで作業している人が1人いました。

この日はロングブラック(Sサイズ、350円)というコーヒーをオーダーし、店内でいただきました。

テーブルとテーブルの間に十分なスペースが確保されているので、ゆったりコーヒーを楽しむことができました。

コーヒーのカップもお店のロゴ入りで、オシャレ!

Byron Bay Coffeeはオーガニックコーヒーを提供するカフェで、日本橋本町や港区浜松町などにもお店があります。

1989年に家族経営のコーヒーファームとして、オーストラリア・バイロンベイに生まれたお店です。

Byron Bay Coffee Company Japan
『BYRON BAY COFFEE』は1989 年にオーストラリア・バイロンベイエリアで家族経営のコーヒーファームを始め、カフェからショップ販売まで成長した地元のコーヒーカンパニーです。我々のコーヒーは、オーガニックな食材を好むバイロンの住人たちに、長い間愛され続けているコーヒーです。

フードメニューもあり!

コーヒーなどの飲み物メニューだけでなく、フードメニューも提供しています。

クッキーやドーナツ、バナナブレッドなどのおやつ系から、ホットサンドやアサイーボウルなどの食事系も。

今後、ランチボックスの販売も予定されているそう。

カフェの基本情報

住所:東京都中央区日本橋富沢町9-4

都営浅草線人形町駅から徒歩5分、東京メトロ日比谷線小伝馬町駅から徒歩7分。

営業時間午前9時から午後6時(午後2時-3時は一時閉店)

土・日・祝日は休業。

平日のみの営業ですが、落ち着いた雰囲気で、ゆったりと楽しめます!

コメント