日本酒「久保田」のあまざけが登場!発売後あっという間に在庫切れ

新潟を代表する日本酒メーカー、朝日酒造が「久保田」ブランドのあまざけを発売しました!

健康志向の高まりで近年、注目を集めている「あまざけ」。

ブランド日本酒として人気の「久保田」という名前が付いているだけに、味も期待してしまいます。

4月15日に予約開始すると、あっという間に4月発送分は「在庫なし」となってしまいました。

今回は、この「久保田 こうじあまざけ」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

すっきりとした後味が特徴

米麹と酒米で造られた「久保田 こうじあまざけ」は、上品な甘さとスッキリした後味が特徴です。

甘酒の甘さが苦手という人にも、飲んでもらえるような味わいを追求したそうです。

原材料は、米麹、米、食塩。

米は、新潟県産の酒米「五百万石」を使用

久保田の酒造りの技術を活かし、日本酒が苦手な人にも「久保田」を味わってもらうことも目的のひとつにしています。

米麹だけでなく、蒸米も加えることによって味にふくらみを持たせ、自然な甘さを実現しています。

アルコール0%です。

日本酒メーカーの甘酒といえば、日本酒「八海山」を製造する「八海醸造」(南魚沼市)の「あまざけ」が有名です。

今では、都内のあちこちで見かけるようになっていますよね。

飲み比べてみるのも、面白いかもしれません。

どこで買えるの?

当面は、予約販売のみ

一部数量を、4月27日に朝日酒造の前にある物販店「酒楽の里 あさひ山」の店頭で販売するそうです。

1本の内容量は530グラム。希望小売価格は税込864円

賞味期限は、30日です。

4月21日現在、4月27日出荷分はすでに在庫なし。

5月12日出荷分も、同じく在庫がなくなっています。

現在は、5月25日発送分が予約可能になっています。

4本セットです。

久保田 こうじあまざけ| 甘酒 | 朝日酒造オンラインショップ
「久保田」で使われている米と麹、仕込み水を使用した麹甘酒。上品な甘さとすっきりとした後味が特長です。

朝日酒造が造る日本酒「久保田」について

日本酒が有名な新潟県ですが、中でも朝日酒造は規模、知名度とも有数の酒蔵です。

その朝日酒造を代表する日本酒が「久保田」です。

1985年に誕生した「久保田」は、朝日酒造の創業時の屋号「久保田屋」が由来となっています。

淡麗辛口で、あっさりとしつつ深みとコクがあることが特徴で、今では新潟県のみならず、全国、そして世界各国で飲まれる日本酒となっています。

コメント