【ポイント活動】ドコモ口座の活用方法

つくってはみたものの、そのまましばらく放置していた「ドコモ口座」。

今回は、その活用法、メリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

ドコモ口座
「ドコモ口座」はケータイを使って安全・カンタンにお買い物や送金ができる電子マネーサービスです。今ならVisaプリペイド(定額パックプラン)新規登録でもれなく500円還元キャンペーン実施中!
スポンサーリンク

ドコモ口座基本情報

ドコモ口座とは、インターネット上の買い物や送金ができる口座です。ケータイからすぐに口座を作ることができ、利用できます。口座の開設は無料です。ドコモのspモード、もしくはiモード経由からのみ開設可能なため、ドコモ以外の人は利用することができません。

口座へのチャージは、銀行口座からの口座振替、セブン銀行ATMなどから可能で入金手数料は無料です。ドコモ口座の残高は、d払いやケータイ料金の支払いにも利用することができます

また、ドコモ口座を開設すると、Visaプリペイドカードを発行することができます。ネット上で利用できるバーチャルカードですが、VISAのクレジットカードと同じように使えます。このバーチャルカードの利点としては、審査不要、即時発行という点です。

カードは、2種類あります。毎月1回まで無料で使えるワンタイムプランと、月額200円で何回でも使える定額プランがある。定額プランの場合、利用金額の1%がキャッシュバックされます。

ドコモ口座 キャッシュゲットモール

私がドコモ口座に興味を持ったきっかけは、ドコモ口座キャッシュゲットモールを利用しようと思ったらからです。

キャッシュゲットモールは、このモールを経由して買い物やサービス申し込みをすると成果報酬の現金がドコモ口座に貯まるというサービスです。よくあるポイントサイトと同様の品揃えですが、大きく違うのはポイントではなく現金が口座に入るという点です。

ほかのポイントサイトのポイントと比べて、若干低い印象を受けますが、ポイントで受け取るのと、現金で受け取るのでは使い勝手も違ってきます。

実際、ドコモの携帯料金に払い出す場合は、手数料は無料。銀行口座に払い出す場合は1回200円(みずほ銀行の場合100円)がかかります。


やはり手っ取り早く高額キャッシュバックを狙うには、クレジットカードの発行が効率がいいようです。そのほか、このモールを経由してYahoo!ショッピングやdショッピング、ビックカメラ、高島屋オンラインストアなどで買い物をすると後日、ドコモ口座にキャッシュバックがあります。ショッピングの場合、1%還元が多いようです。

キャッシュゲットモール体験

先日、始めてキャッシュゲットモール経由で高島屋オンラインを利用してみました。

購入したのは、ワイン6本セット4,300円(税抜)。高島屋オンラインショップは還元率が1.5%なので、65円がドコモ口座に入金されました。

面倒で放置していたドコモ口座ですが、これからは活用法を考えてどんどん利用していきたいと思います。

同様サービスの「dカードポイントUPモール」

これと同じようなサービスが、dカード所持者向けの「dカードポイントUPモール」です。このモール経由でオンラインショッピングをdカードを使ってすると、1.5~10.5倍のdポイントがもらえるというサービスです。

dカード ポイントUPモール
「dカード」「dカード GOLD」をお持ちの方なら、いつものショップがポイント1.5~10.5倍のお得なショップになります!

利用できるショップを見てみると、Yahoo!ショッピングや楽天、ヤフオク!、Amazonなどキャッシュゲットモールと同じような顔ぶれになっています。ただ、ポイントUPモールのほうが還元率が高い印象です。Amazonも1.5倍と、ほかのポイントサイトよりも高い設定担っています。現金でなくdポイントでも構わないという人は、ポイントUPモールを利用するものいいと思います。

期間限定で、ポイントを5倍にしている店舗やクーポンなども配布しているので、お得に買い物するにはまめにチェックする必要がありそうです。

コメント