【東京駅】グランスタにオープンしたカレーパン専門店「Zopf」をレポート!

7月10日、グランスタに行列のできるカレーパン専門店「Zopf(ツォップ)」がオープンしました。実際、行列にならんで購入してきましたので、レポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Zopfとは?どんなお店か

Zopfは、千葉県松戸市に本店があり、人気となっているカレーパンは1日700個売れるそうです。なんでもこの本店、パン好きの聖地といわれていて、全国からパン好きが訪れるとか。

zopf|パン焼き小屋 ツオップ

この本店で不動の人気を誇るカレーパンの専門店が東京駅にオープンしました!このカレーパン、東京駅のお店の中で揚げられているので、衣がサクサクです。パン粉は粗めで、生地はもっちりとしています。カレーは、牛ひき肉、玉ねぎ、人参、きのこなどを煮込み、10種類以上の香辛料を使ってスパイシーに仕上げているそうです。

平日午前8時半のお店の様子

実際に平日午前8時半ころお店に行くと、20人ほどの行列ができていました。入口には「ここからご注文までは約30分程度となります」の注意書きがありました。ちなみに購入は「おひとりさま8個まで」です。

ひとりで5個以上購入する人、自分用に一つ買って行く人などさまざまでしたが、私が実際購入するまでには約15分かかりました。

店舗奥にプライヤーがあり、おいしそうな匂いととともに次々とカレーパンが揚げられていきます。そして、その商品があっという間になくなっていきます。

カレーパンは1個324円と少々お高めですが、熱々の揚げたてには大満足です。購入してすぐに食べてみましたが、カレーもほどよくスパイシーで万人うけしそうです。カレーの具はじっくり煮込んであるので、ペースト状になっていました。

思ったよりもあっさりいていて、重たくなかったです。そして、粗めのパン粉がいい仕事してますね。サクサク感がたまりません。

4つ買ったところ、専用のボックスに入れてもらえました。さらにひとつひとつがラップされています。

まだオープンして間もないので、行列に並ぶのは覚悟しないといけないです。時間に余裕のある時に、ぜひチャレンジしてみてください。

*追記
オープンから約1ヶ月半の2019年8月21日(水)午前9時までに再訪してみると、行列に並んでいるのは3人程度でした。だいぶ落ち着いてきたようです。

営業時間とお得情報

東京駅の店舗は、JRの改札内の地下1階グランスタの中にあります。営業時間は、午前8時から午後10時。日曜日と連休最終日は午前8時から午後9時です。

Zopf カレーパン専門店|グランスタ東京|ショップ・レストラン|TOKYOINFO 東京駅構内・周辺情報
Zopf カレーパン専門店||東京駅の最新情報・イベントや構内地図をはじめ、レストランやショップなど東京駅のエキナカや周辺の情報をお届けいたします。

私は今日、LINEでグランスタとお友達になったら、1000円以上のお買い物で500円引きになるクーポンをもらえました!なので、4個で1,296円ですが、796円で購入できました!グランスタとまだお友達になっていない人は、ぜひ!

コメント