【新潟グルメ】日本橋三越の「とびっきりの新潟展」に行ってみた!

新潟のおいしいものや工芸品を集めた「とびっきりの新潟展」が10月2日、日本橋三越でスタートしました!初日午後6時半ころ、行ってきてみましたのでレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

会場の様子

平日の夕方ですが、まずまずの賑わい。特に日本酒コーナーや夕飯のおかずになりそうなコロッケや唐揚げ、お弁当などを取り扱うお店は、混み合っていました。定番を中心に取り揃えてあると言った印象です。

食べ物だけでなく、キッチンツールや手拭い、桐下駄や草履といった商品を製造する新潟の老舗も出店していました。

イートインコーナーには、東横の濃厚特製野菜味噌ラーメンや、佐渡すし弁慶のひつまぶしなどがあります!

私が購入したもの!

新潟出身の私は、3点購入しました!

今回初めて買ってみたのが、ヤマヨ果樹園(新潟市)の新高梨スムージーです。

とにかくうまい!洋梨ル・レクチエや、ぶどう、いちごもあったのですが、「今が旬」ということで梨をチョイス。梨のフレッシュな感じと、爽やかな甘さで、もう一杯飲みたくなりました!

持ち帰りということで税込540円でした。こちらの果樹園の作物は、百貨店や果物専門店にも卸されているとか。丁寧に作られた梨やぶどうなども並んでいました。

そして、加島屋のキングサーモンコロッケ(税込173円/個)です。新潟に住んでいたころ、よく加島屋本店(新潟市)で夕飯用に購入していたので、思わず買ってしまいました。定番ですね。

3つ目は、いごねりです。佐渡市では「いごねり」、新潟市では「えご」と言われているようです。郷土料理の海藻加工品で、寒天のような食感と海藻の香りが特徴。スルッとしていて好きなんです。私は巻いごねり(税込270円)を購入しました。

せきとり(新潟市)の鶏半身唐揚げも買おうと思ったのですが、会場をうろうろしている間に完売してました。

新潟展の基本情報

新潟展は、10月7日(月)まで。営業時間は、午前10時から午後7時。最終日は午後6時終了です。イートインのラストオーダーは、各日終了30分前。

日本酒の日替わり販売があり、普段はなかなか見かけないようなお酒が数量限定で並びます。初日は石本酒造(新潟市)越乃寒梅純米大吟醸金無垢。明日は、久須美酒造(長岡市)亀の翁純米大吟醸です。日本酒好きの人はチェックしてみてください。

第21回 とびっきりの新潟展| 日本橋三越本店 | 三越 店舗情報
心酔しそうなほど見事な越後が誇る味と技が一堂に勢揃い。郷土を代表する山海の幸や銘菓、日本酒から、熟練の職人の技術が冴えわたる伝統工芸品やファッションアイテムまで、豊富なラインナップです。

コメント