【新潟観光】上越新幹線「燕三条駅」にある観光物産センター「燕三条Wing」がなかなか面白い!

上越新幹線「燕三条駅」に観光物産センター「燕三条Wing」があるのをご存じですか?わざわざ行くまでもないでしょ、と思っている人が多いと思いますが、これがなかなかいいんです。

この観光物産センターは、2010年にリニューアルしました。とてもおしゃれなんです。新幹線に乗らずとも、訪れる価値ありです!

スポンサーリンク

燕三条Wingの特徴

包丁や鍋、カトラリーなどの燕三条特産の金属加工品ほか、麩やお菓子などの食品の販売もあります。また、椅子が置かれた休憩スペースもあり、電車に乗る前などに利用することもできます。

燕三条駅には、待合室やコンビニ「New Days」もあるのですが、Wingは面積も広くゆったりしているので、私は好きです。

展示販売されている特産物も、すっきりとオシャレに並べられています。

例えば、諏訪田製作所の爪切りマルナオの八角箸タダフサや藤次郎の包丁など。グッドデザイン賞を受賞した賞品や、人気の商品がきちんと押さえられています。

ちなみに、私が以前からほしいと思っているユニロイの鋳物鍋や、鋳物フライパンも置かれてありました。ユニロイの鍋はとても軽いのが特徴です。デザインも洗練されていて、美しいです。持ち上げてみたところ、私が知っている鋳物鍋とは別次元の軽さでかなり驚きました。

そのほか、ピーラーなどの細々としたキッチングッズもそろっています。

食べ物もラインナップもオススメ

また、食べ物のラインナップもなかなか豊富なんです。

柿の種などの新潟のお土産定番品から、燕三条地域のお土産も豊富なところもうれしいです。マルヨネ(三条市)の車麩や、ヤマトヤ(同)の六角凧サブレなど。

新潟県三条市のお土産なら ヤマトヤ|六角凧サブレー

最近では、プロ用だし専門店「フタバ」(三条市)が展開している化学調味料・保存料無添加の「ON THE UMAMI」ブランドのだしパックなども売られていました。

ON THE UMAMI - ダシにまつわるおいしいことを。 うまみを軸に広がるライフスタイルを提案します。
ダシにまつわるおいしいことを。 うまみを軸に広がるライフスタイルを提案します。

みなさんも、お近くに来た際にはぜひ立ち寄ってみてください!新しい発見があると思います。

コメント