【新潟グルメ】新幹線で新潟の鮮魚が東京へ!17日から品川で

JR東日本の子会社「JR東日本スタートアップ」と水産物などの卸小売り「フーディソン」(東京)が1月17日から、上越新幹線物流を使った鮮魚販売をスタートします!

新潟港で競りにかけらた採れたての鮮魚が、その日のうちに品川駅の「sakana baccaエキュート品川店」に並びます。

スポンサーリンク

どんなものが店頭に並ぶのか?

冬の新潟は美味しいものの宝庫です。ということで、俄然期待が高まります。

エビやノドグロ、ハタハタなどが上越新幹線で輸送され、品川に運ばれてきます。

新潟港から新幹線で運ばれた鮮魚は、午後2時半ごろにエキュート品川sakana baccaに到着する予定です。

サカナバッカ エキュート品川店 | サカナバッカ

販売スケジュール

定期販売は17日から3月27日までの毎週金曜日に行われます。

鮮魚は、新幹線車両の業務用スペースを使って輸送されます。新潟港での状況によって、販売する鮮魚の種類は変動するそうです。

新幹線での鮮魚輸送

この新幹線を利用した鮮魚輸送の取り組みは、2019年6月に実証実験が行われていました。この実験を経て、今回の定期販売が実現します。

JR東日本スタートアップは、ベンチャー企業への出資やJR東日本グループとの協業を進めている企業です。フーディゾンは2017年、同社のスタートアッププログラムに採択され、品川駅での鮮魚事前予約などを展開してきました。

コメント