【東京暮らし】百貨店お得様サロン頂上決戦!日本橋三越と高島屋を比較する

日本橋にある老舗百貨店、三越と高島屋。どちらもグループの稼ぎ頭店舗であり、上客を数多く抱えるお店です。近年、各社ともこの店舗の大規模改装や新館オープンなど、てこ入れを行っています。

日本橋三越本店
日本橋高島屋

今回、このラウンジに連れて行ってもらえる貴重な機会がありました!両店のお得意様サロンを比較してみたいと思います!

スポンサーリンク

百貨店のお得意様とは

百貨店には年間数百万円のお買い物を数年続けると、インビテーションが届く特別なクレジットカードがあります。これは、ホームページなどには詳しく書かれていません。

ポイント還元の場合と、現金値引きの場合があり、最大10%程度の還元が受けられるようになっています。

このカードを持つと、だいたい外商の担当がつきます。さらに、駐車券やお得意様ラウンジの利用などの特典があります。

日本橋三越のラウンジは2種類あり

まずは日本橋三越から。言わずと知れた三越の本店です。グループ内の売上は、伊勢丹新宿本店に次いで2番手です。

ですが、新宿伊勢丹と違い客層の年齢は高め。観光客というよりは、常連客が多い印象。3世代で買い物を楽しむ家族も。ウインドウショッピングというよりは、ためらいなく買い物を楽しむ人が多いように感じました。

ここのお得意様サロンは6階にあります。それとは別に、5階にラグジュアリーな「ザ・ラウンジ」が用意されています。

「ザ・ラウンジ」の入り口

お得意様サロンは、お帳場カードを持つ人向けのサロンです。

一方の「ザ・ラウンジ」は、MIカードで年間100万円以上購入実績のある人が入れるサロンになっています。

居心地の良さ、雰囲気、どれをとっても「ザ・ラウンジ」が上です。パーソナルスペースが広く、モダンなデザインです。

ちょうど航空会社の空港ラウンジのようなイメージでした。

「ザ・ラウンジ」で提供されているものは?

飲み物は、新館地下2階に入っている「サンフルーツ」から、リンゴジュースやミカンジュースが揃っています。そのほか、コーヒー、紅茶、日本茶、水。ペットボトル入りのお茶。デカフェの飲み物まであります。

茶菓子として、これも日本橋三越に入っているお店のものが提供されています。

私が行ったときは、資生堂パーラーのチーズケーキ、赤坂柿山の米菓、ベルアメールのチョコレートなどが置かれていました。

飲み物も食べ物もセルフサービスです。自分の好きな物を好きなタイミングで食べれるという点では、うれしいです。

週末などは混み合っていることもありますが、それほど待たされることはありません。逆に平日だとかなりゆったりと過ごせます。

うとうとしている人、スマホで動画を見ている人、読書をする人。みなさん比較的自由に使っているようでした。

三越のお得意様サロン

お得意様サロンは、「ザ・ラウンジ」の1階上にあります。こちらは、お帳場カードと呼ばれるカードを持つお得意様専用のサロンになります。

それほど広くはありませんが、手軽に休憩するには十分です。「ザ・ラウンジ」と違い飲み物は、スタッフの人が持ってきてくれます。

ちなみに、コーヒーと日本茶などがあります。それとは別に、紙コップ形式の自販機もありました。

どちらも行ってみましたら、私はコーヒーはこちらの方が美味しく感じました。食べ物は置いてありませんが、コーヒーと一緒に「彩果の宝石」がひとつ付いていました。

日本橋高島屋のお得意様サロン

日本橋高島屋のお得意様サロンは、東館4階にあります。4階でエレベーターを降りると、右がメンバーズサロン、左がお得様サロンとなります。メンバーズサロンはタカシマヤカードを持っている人が利用できるラウンジです。

お得意様サロンは、タカシマヤカードで一定金額買い物をしているとインビテーションが来る外商カードを持っている人向けです。ということで当然、お得意様サロンの方が高級仕様になっています。

週末は混み合っていて、入るまでに待つことも多いとか。

ここのラウンジは、飲み物をスタッフの人が席まで持ってきてくれます。

温かい飲み物は、コーヒー(ブルーマウンテン、モカ)、紅茶、日本茶など冷たい飲み物は、アイスコーヒー、みかんジュース、烏龍茶など。
食べ物は、ありません。

調度品など高級感があります。ソファもゆったりと座れます。ただ、週末は混み合っていて10分以上待つこともあります。そのためなのか、サロンの外には大きなソファがあります。

狭いというわけではありませんが、三越よりはパーソナルスペースが狭めです。買い物の途中、さくっと休憩するといった印象です。

三越伊勢丹と高島屋の比較

百貨店事業の全体の売上は、三越伊勢丹グループの方が高島屋と比べて1.5倍弱です。
売上上位3位を表にすると、下記の通りです。

今回比較した三越日本橋店の売上げはグループ内で伊勢丹新宿店に次ぐ2番目に多く、約1,500億円です。一方の日本橋高島屋は、グループ内では3番手、約1,300億円の売上です。

三越日本橋店の売上が高島屋大阪店と同程度です。

さらに全体の売上高に占める各店舗の構成比をみると、伊勢丹新宿本店の比率が群を抜いて高いことが分かります。トップ3を比較すると、高島屋やバランスよく分散しているのに対して、三越伊勢丹は新宿本店に偏っていることが分かりました。

新宿伊勢丹はグループの稼ぎ頭でもあり、絶対失敗できない店舗でもあるのではないでしょうか。
機会があったら、新宿のお得意様ラウンジ比較にも挑戦してみたいと思います!

まとめ

待ち時間、提供される飲み物や食べ物、居心地のよさなどを比較して、最も満足度が高かったのは日本橋三越の「ザ・ラウンジ」です。トイレもラウンジ内にあり、個室が広く、大きな化粧直しスペースもあります。

とにかくスペースを贅沢に使っているため、混み合っていても快適に過ごせます。そのためか、うとうとしている人もちらほら。

しかし、お得意様サロンと「ザ・ラウンジ」の2つがあるのは、利用者としては「謎」でした。そして、紛らわしい。

高島屋のお得様サロンも、落ち着いたデザイン、座り心地のよい椅子など魅力的ですが、週末は得に混み合っていること、飲み物のみの提供であることなどから、三越の「ザ・ラウンジ」には及びませんでした。

ただ、買い物の途中で一息入れるには十分すぎるラグジュアリースペースです。

百貨店のお得意様カード取得までの道のりは、そうそう簡単ではなさそうですが、今回ちょっとのぞくことができて楽しかったです。

機会があったら、新宿のお得意様ラウンジ比較にも挑戦してみたいと思います!

コメント