【東京暮らし】都心から1時間ちょっとで行ける稲村ヶ崎温泉でリフレッシュ 鎌倉観光の〆に最適

寒い季節。身体を伸ばして、ゆっくりと温まれる温泉が恋しくなります。
今回は東京駅から1時間半足らずで行ける、稲村ヶ崎温泉を紹介したいと思います。

冬の鎌倉は、夏ほど混み合っていません。食べ歩きやお寺巡りの後に温泉に入浴するのも、なかなか楽しいです。都会の喧噪を離れ、波の音を聞きながら温泉を楽しむことができます。

スポンサーリンク

どんな温泉なのか?

私が行ったのは12月の日曜日午後5時過ぎ。江ノ電も混み合っていたし、駐車場にも車がかなり止まっていたので、温泉も混み合っているかなと思いきや、10人程度でした。

内湯は、通常のお風呂と水風呂の2種類。そのほかドライサウナがありました。さらに露天風呂が1つあります。

1週間ごとに男湯と女湯が入れ替わるそうです。

少しとろみのあるお湯で、温度もそれほど高くないので、比較的長く入っていられます。湯色は褐色がかっており、「黄金の湯」と呼ばれています

炭酸水素イオンやメタケイ酸の濃度が高いことが特徴で、疲労回復や冷え性、皮膚乾燥症の改善などに高価があるといわれています。また、弱アルカリ性で美肌・保湿効果も期待できるとか。

晴れていれば富士山も見える

さらに道を挟んで向かいの稲村ヶ崎公園からは、晴れていれば富士山が綺麗に見えるんです。

私が訪れた日も、セミプロのような一眼レフと三脚を抱えたカメラマンから、スマホで富士山の姿を写真に収めようとする人まで、たくさんの人で賑わってました。
海風で冷えた身体を温めるのに最適なのが、この温泉です。

施設の基本情報

2017年にリニューアルオープンしたという温泉は2階にあり、1階はレストランになっています。まだ新しくて、綺麗でした。

料金は大人1人1,530円。都心の温泉施設よりは、ぐっとお得です。
場所は、江ノ島電鉄「稲村ヶ崎駅」から徒歩約3分。営業時間は午前9時から午後9時です。

稲村ケ崎温泉(神奈川県鎌倉市)| オフィシャルサイト
稲村ケ崎温泉は、鎌倉から江ノ島に向かう海岸線に位置する日帰り温泉です。目の前にひろがる鎌倉の海と空。好天に恵まれれば澄み渡る空気の先に、 雄大な富士山と江ノ島が一望できます。最高の風景と最高の温泉。最高の料理を食べながら、他では味わえない湘南をご満喫ください。

手軽味楽しめるリフレッシュコースとして、オススメです。

コメント